リフォームができない場所とは

img-1

リフォームは住んでいる人の環境にあわせて計画することが可能ですが、現状にとどまらず将来的な環境も考えて計画することが大切です。

春日部のキッチンリフォームのことなら、こちらをご参考にしてください。

広範囲なリフォームになれば費用も高額となりますので、失敗せずに行うには年齢や家族構成などの面から将来的な検討も必要です。

バルコニータイルの情報を公開しています。

リフォームといえば一戸建て住宅をイメージしてしまいますが、マンションでも分譲であれば所有者が工事を行うことが可能です。

足立区のトイレリフォームの情報サイトです。

一戸建ての場合には特に制約はありませんが、マンションの場合には手をかけられない部分があるため注意が必要です。

マンションでは専有部分のみが対象となりますが、専有部分と共用部分の違いを把握する必要があります。

フロアコーティングに関しての情報を紹介しているサイトです。

管理規約などで定められているため、管理組合や管理会社に確認すれば把握することが可能です。

足立区のリフォームの浴室について知るならこのサイトです。

玄関ドアは共用部分となりますし、バルコニーに関しても同じです。
また外壁に面するサッシに関しても共用部分の扱いとなりますので、交換できない場合もあります。

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/6133623.html

マンションでは特に重要な部分として構造体には手をかけられないのが前提です。

https://matome.naver.jp/odai/2146211287020653101/2146244047857043803

構造体は共用部分ですし構造上需要な部分ですから、鉄筋コンクリートでできているものの柱や床板、梁の形状を変えることは強度の低下につながります。一戸建て住宅では制限なくリフォームすることが可能ですが、増築を伴う場合には建ぺい率が関係しますし、筋交いのはいった壁を撤去してしまうと強度を落とします。

http://chiebukuro.yahoo.co.jp/tag/tags.php?tag=%E6%B0%B4%E9%81%93%E4%BF%AE%E7%90%86%E4%BC%9A%E7%A4%BE

できることとできないことは施工業者が把握していますが、マンションの場合には管理規約の確認が必要です。

関連リンク

img-2
リフォーム業者を選ぶときに大切なこと

リフォーム工事を行うときには、行政への建築確認申請をする必要はありません。そのためにリフォームをしたいと考えているときには、建築業の経験のない会社の営業マンのセールスに騙されないように注意することが大切です。...

more
img-2
和室から洋室にリフォームするときのポイント

日本の建築様式では、少なくとも一部屋は和室がある住宅が多かったと言えます。近年では生活スタイルについても変化してきていると言えますので、和室を使うケースも少なくなっているために、洋室にリフォームする人も増えています。...

more
top