植毛における人工毛と自毛の違い

植毛にもさまざまな方法がありますが、使用する毛髪そのものに着目すると、人工毛と自毛という区別ができます。

人工毛の植毛は、これまでにも多く行われていた方法であり、価格的にも自毛の場合にくらべると安く施術が可能であるといった特色をもっています。



また、人工であるがゆえに数量的な限度がありませんので、広範囲に薄毛の症状があらわれているような場合であっても、しっかりとした対応ができるというメリットがあります。

M3Q情報の差に驚きました。

また、施術をした段階で、すみやかに薄毛が解消されるという、時間的なロスのなさというのも、メリットのひとつとして加えておくべきでしょう。
いっぽうの自毛による植毛ですが、これは後頭部などから自前の毛髪を皮膚とともに採取して、薄毛になっている部分に移植をするというものですが、自毛であることから頭皮への定着率がひじょうに高く、移植にともなう拒絶反応がおきにくいというのが最大のメリットであるといえます。

植毛について詳しく知りたいならこちらです。

しかも、頭皮に無事に定着させることができれば、そのまま成長を繰りかえすヘアサイクルに乗りますので、特別なメンテナンスをする必要もありません。


このように、それぞれのメリットをもつ植毛方法ですが、人工毛の場合には拒絶反応によって頭皮への定着に失敗する可能性があること、自毛の場合は十分な量まで生えそろうまでに時間がかかってしまうことといったデメリットもあるため、どのようなことをメインとして希望するのかを慎重に検討したのちに、適当なほうを選ぶのがよいといえます。